防水工事について

防水工事

防水工事の目的

建物内部に水が浸入するのを防ぐことが、防水工事の大きな目的です。新築の際に防水工事を施していても、経年劣化により効果が薄れていきます。定期点検と定期メンテナンス行うことにより、漏水を予防します。また、防水工事を施すことにより、建物の強度、外観や内観を保ち、カビなどのアレルギーの原因の発生を防ぐ効果があります。

ベランダの防水工事
大工さん

防水工事の工法とは

■密着工法

密着工法は、一般住宅やマンションのベランダなどでよく行われる防水工事です。雨水などを防ぐために防水層を重ね、下地に密着させる工法です。大きな器具を必要とせず、工期を短くすることができますので、コストパフォーマンスが良い工法です。

■絶縁工法

絶縁工法は、下地と防水層を密着させずに空気を含ませ、通気層を造る工法なので、多くの現場で活用されています。下地の状態の良し悪し関係なく施工できるため、下地のひび割れや浮きがあったりしても施工が可能な場合もあります。耐久性があり、メンテナンスにかかるランニングコストを抑えられます。

屋根
防水工事の作業
矢印

水漏れなどを防ぐため、点検・メンテナンスが大切です

防水工事はプロにお任せください

屋根・外壁・ベランダ・屋上など雨や水の浸入する可能性がある部分は防水工事をオススメいたします。

FAX:095-848-3302

笑顔の大工

施工事例

施工前ダミー画像

施工前

施工後ダミー画像

施工後

施工前ダミー画像

施工前

施工後ダミー画像

施工後

施工前ダミー画像

施工前

施工後ダミー画像

施工後

住宅・アパートの防水工事なら、お気軽にお問い合わせください

◎最適なプランをご提案

FAX:095-894-4212